[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[tsurukawa:62] CASIOPEA見てきました。隣の会 場では「モー娘。」



こんばんは
今日は俺もつる川に来た当時の思い出を二本の人差し指を駆使して。

俺がつる川荘に来たのは大学二年も終わるとき。
拓殖大学の三年四年は文京区小日向という大塚、ひいては池袋に近い校舎。

埼玉出身の俺には実家からのほうがはるかに近いのに、戸沢さん、濱野さんの
執拗な誘いに負け、つる川入決。(なぜか濱野さんはそのときだけ富士雄さんまで連れてきた)
また、そのとき戸沢さんの提示した契約金は¥16,000(家賃)。しかし引越して来ると
¥18,000に跳ね上がっているではないか!

サイさんのお宅がわの戸袋にムクドリの雛が生まれピーピーと、春だなあと、
しばらく積まれたダンボールの間に布団を敷いて寝転びながら、ヤニで変色した
サッシから入ってくる一日中黄昏た日の光を見つめ、これから始まる数々の出来事を
ボーっと想像していました。
(つづく)

>From:仙頭さん
>当時のG長・N氏の口癖は「今日の(仏法対話の)予定は?」、または「今日、何人
(の友人)に当たった?」
>(アポ取りのために何人に電話したか、の意)てな具合。

時間は遡りますが、つる川に引越しが決まったころ「濱野グループ」なるものが発足。
「すごい幹部の方が来るんで是非来てね」とこのときも濱野さんがしつこいので参加。
ほかに後潟クン、吉野さんがその場にいました。

来た幹部が件(くだん)のN氏。
お互いの自己紹介もそこそこにまさに上記のご指導が…。
それもアノ口調ですから俺もカチンときて、会合後濱野さんに
「二度と俺の前にあんなの連れてくるんじゃねーよ」と感謝の言葉を述べました。

しかし今ではN氏がD国より帰国、と聞けば真っ先に馳せ参じてしまう俺。
時の経過とは不思議なものです。

>From:強くん
>ところで冨加津さん!
>前から気になってたんですが、お子さんの名前は本当に鰤と書いて”うさぎ”なんですか?

強くん、誤解があるようなので。
子供の名前じゃなくて「鰤(ブリ)」という名の「うさぎ」とカミさんとの三人
(?)暮らしなのです。

今日も想像以上の時間がかかりました。それでは


冨加津直明
在つる:1992.3.26〜1997.12.24、11号室


--
ML: tsurukawa@quickml.com
使い方: http://QuickML.com/