[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[tsurukawa:65] Re: つる川事情



 寝入りバナの着信メールを寝ボケ眼凝らして見たら、頭部爆発SCANNERS状態(B級映画ネタで失礼)。もう眠れないので一筆啓上。

 遠藤君、さっきの年度別部長一覧の最上段の「1987 ?」は……何と言ったらよいか……8部の17期生にとっては提婆達多の出仏身血にも等しい恐るべき行為だよーーー!!(混乱してます) よりによってアソコを空欄にするとは……。

 あの欄には14期の高橋修一さんの名が入ります! 本来、西岡稔さんの次に22部の部長になる筈の方だったのに、聞くところでは、根津さんの強腕で8部に派遣されてきたとのこと。
 22部の15、16期の方たちは、牙城会の年度初任務で自己紹介するときなど、俺が8部出身だと告げると皆一様に「あぁ、あのハチブ…」とゆーひと言を、含みのある語調で、憐みの視線と共につぶやきます。彼らは、もし修一さんが派遣されなかったら8部は他の部に吸収される運命にあったと考えてるようで、しかも、西岡さん部長時代最強と嘔われた(らしい)22部が、修一さん派遣後、下降線を辿ったために、8部に対しては複雑な感情を抱いているがために、上のごとき曖昧な発言となるようです。

 猛獣系と噺家系の二人の副部長従えて、いつもニコニコしてるだけの修一さんは、一年生のヒヨッコにとっては、とにかく気分を楽にしてくれる不思議な先輩でした。当時の俺には、うまく把握しきれなかったけど、いまだに消し難い印象を残す方です。換言すれば、かなりヘンな人だったともいえるかもしれない……。

創立者池田先生の第17回入学式の祝辞のコピーを、先輩方が手作業で貼ってくれた色紙を、8部の17期生は全員、記念として頂きましたが、俺様いまでも大事に保管してます。それを自宅まで持ってきてくれた西田さんとの初対面の映像もはっきり記憶してます……。sigh.

--
ML: tsurukawa@quickml.com
使い方: http://QuickML.com/